高校入試の時間

福井県の県立高校の入学試験は,
1教科60分で行われています。

最近,ある資料を見ていたら,
他の都道府県の入学試験の要項が目にとまりました。
なんと,60分で行われているのは福井県だけ。

他の都道府県はそれよりも短く,
40分なんてところもありました。
「へぇ~」って感じです。
その資料が正しければ,
この分野でも福井県は日本一ぴかぴか(新しい)です(笑

試験時間が長短には,
どういう意味があるのでしょうか。
塾生は「短い方が良い」って言いそうですね。
でもそれは短絡的では。
定期テストが終わったときには,
よくこう言ってませんでしたっけ。
「時間が足りなくて……」

2時間も3時間もあるとさすがに厳しいでしょうけれど,
60分は妥当なところじゃないですか。

しかし,よくよく考えてみると,
中学校は50分授業なのですから
中学生の体内時計はそれにセットされているはず。
にもかかわらず入試は60分とはこれいかに。
謎です。

    前の記事

    補習

    次の記事

    中間テストを終えて