厳密さ

昨日と一昨日,塾生に対して「厳密さ」について話しをしました。

毎回塾生の答案をチェックしていますが,「こんなもんかなぁ~」みたいな感覚で答案を作成している人がいるからです。
例えば,数学では移項の際にプラスとマイナスの符号を簡単に誤記したり,英語では文法を無視して書いたり。
学問はそんなに適当なものではありません。
厳密なものです。
特に数学は極めて厳密です。
それに関するジョーク(?)がありますのでご紹介します。

—スコットランドの羊—
天文学者と物理学者と数学者がスコットランドを旅していた。
電車の窓から外を眺めると一頭の黒い羊がいた。
これを見て天文学者が言った。
「スコットランドの羊は黒いんだ。」
この言葉に対して物理学者は,
「だからおまえ達天文学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。
正しくは『スコットランドには少なくとも一頭黒い羊がいる』だろ」
と言った。すると,この言葉を聞いた数学者が言った。
「だからおまえ達物理学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。
正しくは『スコットランドには少なくとも一頭,少なくとも片側が黒い羊がいる』だろ?」
と言った。

    前の記事

    新聞チラシ

    次の記事

    人は学習によって