七夕ですね

今日は七夕です。

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事で、
一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。
毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、
星にお祈りをする習慣が今も残ります。

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、
鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。
この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、
中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。

今日は織姫と彦星、巡り会えますでしょうか・・・。

ところで、今朝のニュース。
名古屋大学などが銀河系外の明るさ解明とのこと。

宇宙からのデータから天の川銀河に存在する光などを取り除くと
その明るさは、TDL(51ha)にろうそく3本をともしたくらいとのことでした。

うーん、うまく想像できませんが、想像通り、やっぱり宇宙は暗いってことですよね。

この結果は、宇宙全体の成り立ちを解明する研究への重要な一歩とのこと。

宇宙のすべてを知ることは大変難しい。
でも、分からないからこそ、魅力的ですよね。

http://mainichi.jp/select/today/news/20110707k0000m040157000c.html?inb=tw

                      ———-や目

前の記事

降水確率

次の記事

折込広告