アイスクリーム

夏休みもいよいよ大詰め。

宿題はバッチリですか?

小学部では
知識+お楽しみとして

氷に塩を入れた時の温度変化をみました。

氷はマイナス2℃(理論上は0℃)
なのに塩を入れるとマイナス16℃まで下がりました。

氷の温度.jpg

ではなぜ、このようなことが起こるかというと・・・。
いろいろな要因が混じってちょっと説明しづらいのです。

大まかにいうと
・氷が溶ける温度は0℃。
・溶けると0℃の水になるが、このときに周りから熱を奪う。
・氷に塩を入れると溶けるのがはやくなり、周りから急激に熱を奪う。
・さらに、溶けて出来た水に塩が溶ける時にも周りから熱を奪う。
よって、周りの温度が下がる。ちょっと荒っぽい説明でごめんなさい。

マイナス16℃まで下がって、蒸し暑いとなれば
やっぱりアイスクリームを作らなきゃ・・・。

ということで、アイスを作って楽しみました。おいしかった?

                   ———-や目

    前の記事

    漢字検定

    次の記事

    弱冠