正心誠意

野田首相の所信表明演説でのキーワードは「正心誠意」
日本をよい方向に動かしていってほしいと思います。

ところで、この「正心誠意」。
言葉としては、「誠心誠意」の方がポピュラーですね。

誠心誠意の意味は
 このうえないまごころ。まごころのこもるさま。
 打算的な考えをもたず、まごころこめて相手に接する心をいう。
 ▽「意」は考え・気持ち。 (goo辞書より)

「正心誠意」は誤植ではなく、
勝海舟が、政治の極意として語った言葉のようです。

首相周辺によると、
「国民に何でもかんでもお願いするのではなく、
 自分が正しいと思うことなら誠意を持って国民に尽くすという意味で、
 こちらがふさわしい」
と首相自身が判断し、「正心誠意」を選んだということです。

読売新聞

                   ———-や目

    前の記事

    二つの月

    次の記事

    えれめんトランプ