ハニカム

健康の森で蜂の巣を見つけました。

きれいな六角形の巣房がびっしりと重なり合った、とても神秘的な形をしています。

はにかむ.jpg

蜂の巣は英語で「honeycomb」

六角形が整然と重なり合った構造を「ハニカム構造」といい
少ない部材で強度が強いことから
航空機の設計や建築設計、人工衛星などにも応用されているのですよね。

蜂の巣の材料は、主に枯れ木で、
それを働き蜂は唾液で練り、固めていくそうです。

色がところどころ違うのは、
きっと働き蜂が持ってくる木の種類が違うからかもしれませんね。

                   ———-や目

    前の記事

    「太陽」が2個ある惑星

    次の記事

    大気光