感心したこと

昨日、小学生が問題を解く途中に、
ふっと鉛筆を置き、話しはじめました。

「今日、理科で習ったんだけど
 冬の大三角は、おおいぬ座のシリウスとオリオン座のベテルギウスと。何だったけ、プロキオンは・・・・こいぬ座!
 形は正三角形に近いんだよね。」

続いて夏の大三角も教えてくれ、星座に関するギリシャ神話の話もしたいようでした。

本人、
「もちょっと話したいけれど、これを解いてから話すことにする。」
と、学習に戻りました。

私は二つの点で感心しました。
一つは、たくさんの覚えにくい言葉が一度にスッと頭の中に入ったこと。
星について、関心があるから覚えることができたのだと思いますが、それに加えて神話などと関連して学習したことも影響しているのではないかと考えられます。
次へとつながる理想的な学習ですね。

二つめは、話し続けたいのを少し我慢して、自分でここまでやってから話そうと決めたこと。
私がそう促したわけではないのに、自らけじめをつけたことが非常に感激しました。

元気いっぱいな子には変わりないですが、
心はかなり成長していますね。これからが楽しみです。

ゆっくり、しっかり大きくなってね。応援しています!

前の記事

柱状図

次の記事

強い情熱