漢字

前回の続きのようになりますが

漢字が苦手な子について

学校でかなり漢字の宿題が出ているのにもかかわらず、
記憶が一時的、または身につかないのはなぜでしょう?

漢字の学習のコツとして、実にいろいろ言われています。
 筆順、練習量、漢字の成り立ち、部首、からのアプローチ等々。

どれも良い方法なのだと思います。
一つずつ試し、一番効果のある方法が見つかるとよいですね。

さくら塾では、わからなかった漢字をノートに書いてもらうことにしています。
多く間違った場合は、すべてノートに書くと、印象付けが弱くなるので
多くて5つ程度是非覚えてほしい漢字を選び、大きめに書いていきます。

そして、漢字に関する薀蓄(うんちく)があればお話しします。
字にまつわる物語や由来、面白話などを。

そうすることによって、おおよそ記憶に残るようです。

機械的な暗記学習だけでは記憶効率が悪くなるばかりでなく
漢字学習は面倒だけの作業と思い込んでしまいます。
これは大変残念なことです。

ポイントは楽しむこと。それが学習効果を一番高めてくれます。

前の記事

小学生の国語

次の記事

合格祝い