子どもってすごいなぁ~

昨日、小学生と体積について勉強しました。

直方体の体積は 底面積×高さ で求めることができますね。

体積1.jpg

この図のような欠けた直方体は
全体の体積と欠けた部分の体積を求めたあと
引けばよいのです。

「この図、欠けているように見えない。
 出っ張って見えるなぁ。」

「あぁ、ほんまや。
 部屋の中にイスがあるみたいや。」

「わははは。」

逆さまにするとわかりやすいですね。凹凸が逆に見えます。
体積2.jpg

錯視は図形を学習するときにたまに見られる現象です。
中学生の数学のほうが多くおきます。

中学生ですと、どうしてもその形に見えてこないと
問題が解きにくく、やばいと思いますが、

小学生はいいですねぇ~。
一つ一つの発見に驚き、面白みに変えることができます。

やさしいことを ふかく、
ふむずかしいこと をやさしく、
ふかいことを おもしろく、
おもしろいこと をまじめに、
まじめなことを ゆかいに、
そしてゆかいなことは
    あくまでもゆかいに・・・・。
             (井上ひさしさん)

    前の記事

    新中1体験日

    次の記事

    新中3補習