なんにでもチャレンジ

体育大会の季節です。
応援団員になった高学年は、帰りが遅くなっていますが
それでも頑張って通ってくれています。

ただでさえ各種目の練習をがんばっている中、
さらに仕事が増えてお疲れのことでしょう。

でもね、
少しでも興味のあることはチャレンジするにかぎります。
自分を磨く環境があれば、じゃんじゃん挑戦して欲しいと思います。

組を応援するという目的のもと
能力や個性を出し合い、皆で協力して作り上げていく。
自分一人の考えでは思いもよらない仕上がりになることでしょう。

自分を表現しながら、仲間の意見も認める。
皆と意見を合わせることは大変な作業ですが、
そんなことができる人間になると素敵ですね。

何事も経験。
なんにでもチャレンジです。
                      ———-や目

前の記事

松の雄花と雌花

次の記事

「目標」をたてること