たゆまざる 歩み恐ろし かたつむり

長崎の「平和記念像」を作った大正・昭和彫刻家、
北村西望さん(1884~1987 58年文化勲章)は、
102歳で亡くなる日まで現役で創作に励んだそうです。

彼が「平和記念像」を作っていたある夜、
足もとにいたかたつむり
翌朝見ると9メートルもある像のてっぺんに上がっていたそうです。

  たゆまざる 歩み恐ろし かたつむり

昭和30年8月8日のこと、72歳のときにこの句を詠んだそうです。

彼の半生は苦労の連続でした。

ライバル達は日展で次々と受賞。
自分は8年間も賞をとれず、彫刻をやめようとさえ思ったそうです。

自分とかたつむりを重ねて詠んだのですね。

コツコツ頑張ること。その一言に尽きますね。

コツコツ頑張るためには、頑張る意味を自分なりに定めることも重要。

勉強する意味、
部活をする意味、

何のためにしているのでしょうね。

あなにとっての意味は?目標は?

                   ———-や目

前の記事

月暈

次の記事

円周率